童貞を 逆ナンパしたい

アクセスカウンタ

zoom RSS 童貞を 逆ナンパしたい 春画って?

  作成日時 : 2009/06/05 11:41   >>

トラックバック 0 / コメント 0

春画の名称は古代中国(漢の時代?)で生まれ、宮中における各種性行為の体位などを描いていたらしい。元々は春宮画と呼ばれたものが「春画」にかわった。春宮には皇太子という意味もあるので、皇太子の性教育用画像集だったとも考えられている。我が国では11世紀頃には春画があったと伝えられている。その当時から、童貞や女の性器や挿入部を必要以上にクローズアップする技法で描かれていたようだ。江戸時代になると、大奥で奥女中の必需品になったといわれている。その頃になると、童貞女の性行為以外に指挿入や張り形によるマスターベーション模様も描かれるようになった。現在オーガズムの総本山といわれるクリトリスを誇張したものはなかった。大名や旗本の嫁入り道具としても認知されていたようで、性教育読本としての意味合いが濃かった。春画はお守りとしても認められ、鎧の中や門に張付けたりもしたようだ。近代になっても、日清日露戦争出兵の軍服の中に春画を入れていた者も多数いたという。江戸時代の春画作家は丸山応挙、菱川師宣、鈴木春信、喜多川歌麿、葛飾北斎、歌川豊国などそうそうたる絵師が顔を揃えており、単なる猥褻画像の域を超越しており、浮世絵との境界線も不確かである。現在では生活を笑い飛ばすブラックユーモア・洒落芸術とか生活記録、ファッション情報との評価が定着している。特に性器以外の部分の画家のこだわりも評価され、海外ではコレクターも多い

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

童貞を 逆ナンパしたい 春画って? 童貞を 逆ナンパしたい/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる